こだわらないのが唯一のこだわり。

37歳のリーマンが仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

料理・食レポ

【バレンタイン惨敗】気を紛らわすためにペヤングやきそばチョコレートを食べてやったぞ

更新日:

どうも、所長です。所長 (@konitak4976) | Twitter

今年も嫌なイベントがやってきましたね…

そう、バレンタインデーってやつですよ。



 
 

三十路の毒男には関係のない話

30も半ばを過ぎて一人でフラフラしていると、バレンタインデーなんて華やかなイベントには縁なんてないんっすよね。

まぁ~言っても今年のバレンタインデーは火曜日。

会社に行けば女子社員から義理チョコの一つでももらえるかと高を括っていると…

なっ…なにもねぇ~( ゚Д゚)

私なんて義理チョコの対象にすらなっていないようです。

 

落ち込んでなんかいないが

別にチョコをもらえなかったことなって気にしてないっすよ。

だって義理チョコなんてもらったところで返すのが面倒なだけだし。

なんにももらえなかったことが逆にラッキーだったわ~

なんて自分の心の中で今日一日の平穏を整理して家路につきました。

そして、しんみりした心にチョットした活力を与えるべく、取り出したるはブログネタ用に買っておいた『ペヤングやきそばチョコレート』。

発売と同時に食レポしようと思っていたものの、あまりの美味しくなさそうな感じに1か月以上封を開けずに放置されていたものです。

そして今日、バレンタインデーという日に満を持して登場しました。

 

開封の儀

では、さっさと開封しましょう。

中蓋は普通のペヤングとそう変わりはなさそうですね。

 

中には『やきそばソース』『後のせかやく』と書かれた二つの小袋。

右のやきそばソースと書かれた白い小袋が、間違いなく焼きそばソースではなくチョコレートソースなのだろうと分かる。

 

麺は普通のペヤングやきそばと変わりなさそうだ。



 
 

レッツクッキング

では、さっさと作ってしまおう。

お湯を注いで、待つこと3分。

 

麺は相変わらず、至って普通だ。

 

やきそばソースと書かれた白い小袋の中身をかけてみた。

一見すると普通のやきそばソースに見えなくもないが、ニオイが完全にチョコレート。見た目と香りのアンマッチ具合に、鼻と脳が混乱し出したぞ…

 

ソースを麺全体に絡めてみても、見た目はいたって普通なやきそば。

しかし臭いはいたって普通のチョコレート。

視覚と嗅覚の整合性が全く取れなくなっちまった…

 

最後に後のせかやくとやらをトッピング。

四角いのがクルトン。赤い粉のようなものはイチゴのなにか(加工品)だそうだ。

果たして何をイメージしたのやら…

 

いざ、実食!!

では、さっさと食おう。

いただきます。

箸で持ち上げた感じはやきそばそのもの。

しかし臭いはやっぱりチョコレート。

それ、一口…

うっ…まっ…マズイ(;´Д`)

どう考えてもマズイ。

やきそばという固定観念をチョコレートの味と香りがものの見事に裏切ってくるあたりに、私の脳は完全なる拒否反応を示している。

どうしても二口目に行けない…

なっ…何故だ!?

見た目はやきそば。

ニオイはチョコレート。

各々であれば美味しい食べ物であるにも関わらず、なぜその二つが合間見合うとこれほどまでにクソまずくなってしまうのだ…

そして私の脳はこの戦いを完全に放棄した。

-料理・食レポ

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.