こだわらないのが唯一のこだわり。

37歳のリーマンが仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

料理・食レポ

すき家『黒毛和牛のビーフカレー 』は890円も出して食べる価値があるのか?って話。

更新日:

どうも、所長です。

牛丼チェーンのすき家が、また高額商品を出してきましたね!!

前回は国産黒毛和牛を使った1080円の牛丼弁当でしたが、今回は890円のカレー。

しかも、また国産黒毛和牛を使ったビーフカレーだって言うから、すき家フリークの私としてはチェックしない訳にはいきませんよね。(すき家フリークっていうか昼食食べるお店が他にないので仕方なく毎日食べてるだけなんですがね…)

ってことで、牛丼チェーンすき家の新商品、『黒毛和牛のビーフカレー 』を食べてきましたぜ!!



 
 

はいっ!

ってことで、早速写真をドーーーン!!

ん!?

なんか広告の写真で見るより…

ショボくね~???

(´・ω・`)

ちなみに広告の写真がコチラ。

出典:すき家HP

広告だと牛肉がゴロゴロ入っているように見えますけど、俺の前に運ばれてきたカレーには肉がひとかけら浮いているようにしか見えない…

騙されたのか…オレ?

なんか妙に納得できない感を否めませんが、とりあえず腹が減っているので早速いただくことにしましょう。

パクっ!!

ん・・・

まぁ~そこそこ美味いかな(´◉◞౪◟◉)

定番メニューで出ているポークカレーと比較してもわかる通り、色がかなり濃いところからしても味の濃厚さが容易に想像できるかと思います。

※こっちがポークカレー。

出典:すき家HP

たぶん多くのスパイスを調合してあるのだとは思いますが、辛さもポークカレーより少し辛くスパイシーに仕上がっており、かなり深みのある味わいになっていますね。

ファミリー層を狙っているすき家だけあって、ポークカレーは子供でも食べやすいように辛さは割と控えめで、風味もあっさりしておりサラッと食べられるというのがすき家カレーの特徴です。

しかし『黒毛和牛のビーフカレー 』はその逆を狙っている商品っぽくて、少し値段が高くても味わい深くスパイシーな大人の味を求めている人をターゲットいしているんでしょうね。

まぁ~コンセプト的には悪くないと思うのですが、正直に言わせていただければ…

値段も味も中途半端っすね(´・ω・`)

「また食べたいか?」って聞かれたら答えは

NO~!!(´◉◞౪◟◉)

個人的には『牛あいがけカレー』の方が味的にも値段的にも10倍満足できますね。

※牛あいがけカレー

出典:すき家HP

で、食べ進めているとふとあることに気が付いたんです。

「(あれ?わかめスープ付きって書いてなかったっけ?)」

そうなんです。

この黒毛和牛のビーフカレー にはセットでわかめスープが付いてくるんですよ。

※こんな感じ。

でも、俺のカレーには…

「(わかめスープ付いてないやんけぇーーー!!)」

( ゚Д゚)クゥラァァァァ

でも僕、こういう時に店員さんに言えないんですよね…

「すみません、わかめスープ付いてません」って。

なんか恥ずかしいんですよね。

わかめスープごときで店員さんを呼び止めるのが(笑)

よく似たシーンで言えば、レジでお釣りを渡されて小銭が間違えてて少なくても言えないんですよね。

もちろんお札が間違えてたらかなりイタイので言いますけど、数百円とか数十円とかの間違いだとなんか言い出せないんです。(逆に多くもらった時は「多いです」って言えるんですけどね。)

たぶん見栄っ張りな性格が多少あるので、「こんな小さなことイチイチ言ってくるヤツ」って思われると恥ずかしいので言えないんだろうって自己分析してますけど、みなさん普通にズケズケと言えちゃうんもんなんですかね?



 
 

で、気付かない振りして食べていると、同僚が「あれ、そのカレーってわかめスープ付きって書いてませんでした?」って気が付いたんです。

そして頼んでもいないのに、

同僚:「すみませ~ん!わかめスープ付いてませ~ん!!」

って店員さんを呼び止めたんです。

僕:「(おい、いいよ!わかめスープくらいでわざわざ呼び止めなくても…)

すると店員が

店員:「あっ…えっ?わかめスープですか?」

っていうまさかの反応。

お前…新メニュー把握してへんやろ!?

( ゚Д゚)クゥラァァァァ

で同僚がメニューを見せたところ思い出したように厨房へ戻って、わかめスープを取りに行きました。

店員:「大変申し訳ございませんでした!!」

僕:「あっ…どうも…」

なんかね~わかめスープごときで頭とか下げられるのが嫌なんですよ。

考えすぎやと思いますよ!!

絶対に僕が考えすぎやとは思うんですけど!!

「あいつ、わかめスープないくらいで店員に謝らせてる~」なんて周りから思われたらカッコ悪いじゃないですか?

だからわかめスープ付いてないことも気付かない振りしてたのに…

ってことで、僕から『黒毛和牛のビーフカレー 』を食べるときの教訓をお伝えします。

【教訓】

  1. ネーミングと値段に惑わされて期待値を上げすぎない
  2. 迷ったら牛あいがけカレーにしろ
  3. わかめスープは出てこないものと心得よ(出てきたらラッキー)

ってことで、今日はこのへんで。

ではでは٩( ''ω'' )و

-料理・食レポ

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.