こだわらないのが唯一のこだわり。

37歳のリーマンが仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

会社・仕事

ウチの会社の新人教育がアホ過ぎて笑ってしまう件

更新日:

4月。

学校も企業も官公庁にとっても、4月と言うのはスタートの季節。みなさんが過ごしていらっしゃる場所でも、新年度と共にフレッシュな新人が入って来たことでしょう。

まぁ~ウチの会社でも数名の新卒を採用したのですが、毎年この時期になると思うことがあるんですよね…。っていうのが、

ウチの新人教育がアホ過ぎ!!

ってことですわ(-_-;)

 



 
 

何がアホかっていうと、新入社員に毎日書かせる『日報』なんですよ。

「日報なんて普通じゃん!」って思われたあなた。そうなんです!日報を書かせること自体は普通なんですよ。今日教えてもらったことや、取り組んだ業務内容、新しく理解できたことや、上手く進まなかった業務のこと、色んなことを業務報告としてまとめるあの日報です。まぁ~どこの会社でも新人にやらせてそうな事ですよね。

でもねウチの会社、この業務日報を半年間毎日つけさせるんですよ。「ウチなんて入社から1年間だよ!」「オレの会社なんて新人だけじゃなく全社員が書いているよ!」なんて声が聞こえてきそうですが、それも承知してますって~(;´∀`)まぁまぁ~

で、ここからが本題。

その半年間毎日つけている新人の業務日報を、教育担当者だけでななく、同じ部署の全先輩社員が目を通して一言ずつコメントを付けていかなきゃならんのです!!例えば私の部署だと20人くらいの部隊になっているので、新人1人の業務日報に対して、先輩のコメントが20件も書かれているんですよ。しかも新人が半年間毎日日報を提出してくるってことは、先輩社員も半年間毎日その日報をチェックしてコメントを書かなきゃならんのです。

これがマジで地獄…(T_T)

そら~4月の初め頃はいいですよ。新人が書いてくる日報も、「今日はこんなこと教わりました~」とか「まだまだ勉強が足りないので参考になる本など教えてくださ~い」など、毎日目新しい内容が書かれていて、こっちだって「おっ!頑張ってるからチョイと良いアドバイスしてやろうかな~」なんて、気合い入れてコメントするわけです。

でもね、これを半年間(約120日間)も続けてみてごらんなさいよ…

書くことなくなるっつ~の( ゚Д゚)

ウチ等が書くこと無くなるっていうよりも、3~4か月もすれば新人の方がダレにダレまくってきますよね。だって入社1年目の新人に会社の業務の全てを教え込む訳じゃないじゃないですか?新人には新人向けの仕事があるわけで、3~4か月である程度仕込んだら、後はしばらくそれを継続してブラッシュアップしてもらうわけで。

そうやって一通りのOJTが終わる頃には、新人にとっても新鮮味のある経験って少なくなってくるんですよね。で、結局は日報の内容も昨日と同じ…なんて結末。

毎日そんな似通った内容の日報にコメントしなきゃいけないこっちの身にもなってくださいよ。無い知恵を絞りに絞って、昨日とは違う、一昨日とはまた違うコメントをひねり出すわけなんです。

で、この日報、最終的にはお偉いさんも見るわけで、日報を書く新人もコメントする先輩社員も、毎日趣向を凝らして書くわけなんです。でもね、あまりに書くネタがなさ過ぎて、ネタを考えるのに必死でみんな仕事の手が止まっちゃうんですよ…。

本来、社会のことを何も知らない新人に対して、仕事のアレコレや業務を効率的に進めるためのアレコレをアドバイスしなきゃいけない立場の先輩諸君が、日報のコメントを考えるのに必死で仕事が疎かになるという本末転倒な話。

これが我が社の春夏の風物詩です。

みなさんの会社ではどんな新人教育されていますか?

-会社・仕事

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.