こだわらないのが唯一のこだわり。

30代のザ・中間管理職が仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

音楽

【行ってきた】B'z Exhibition(エキシビジョン) を100%満喫したいBrotherへ贈る徹底レポート

更新日:

B'zのデビュー30周年を記念したイベント『B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018』が、4月1日~6月15日の期間限定で有楽町インフォスにて開催されています。30年を通じて恐らく初(?)となるB'zの歴史を振り返るイベントに、連日ファンが押し寄せており大盛況が続いている様子。

そんなファンにとっては楽しみで仕方のない『B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018』ですが、知り合いのBrother(B'zファン)の中には「予想以上の混雑で実際に行ってみたら全然漫喫できなかった…」なんて声もありました。

ってことで今日は、公式HPでは紹介されることのない、”事前に知っておくべき知識や情報”など、実際に私自身がエキシビジョンに参加して感じたことをレポートしたいと思います。








 

やっぱり平日がおすすめ!?



4月1日~6月15日の期間中、毎日開催(5/7~5/10を除く)されているB'zエキシビジョンですが、やはり気になるが『土日は混むの?』という問題。出来れば少しでも空いている状況で楽しみたいものですよね。

混雑状況は公式Twitterアカウントの『Bz_EXHIBITION_OFFICIAL』で随時発表されていますが、開催日から今日(4/14)までの混雑状況を調べてみるとミュージアム入場に『最大90分待ち』という状況もあるようです。土日は完全チケット制なのにも関わらずこの混雑ですから、土日の混雑は回避できそうにありませんね…。

ちなみに私は4/13(金)13時枠で参加したのですが、エントランス前はこんな状況。

列は120~130人と言ったところ。ミュージアムに入るまで約10分程度でした。そう考えると、時間が取れる方は可能な限り平日に行った方がよさそうです。

 

グッズを買うなら”絶対”に朝一枠

今回のエキシビジョンで気になるのが、多くの企業とコラボした限定グッズの販売ですよね。普段のライブツアーでは販売されることのないようなグッズが目白押しで、ファンならずとも欲しいと思えるカッコいいアイテムが揃っています。

『B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018 GOODS』

しかしこのグッズ販売、『先着順』なんですよね。全期間で在庫数が決まっているようで、1日あたりの販売個数に制限があり、どのグッズも数が少なくかなりレアなんだとか。ですから、いくら欲しいグッズがあっても『行った頃には完売…』なんてオチも。現に私も欲しかったグッズが全部売り切れていて、結局ガチャだけやってきました。

※B'zお馴染みのガチャ

結果は、『マスキングテープ』『コースタージャケット』。今回のガチャではコースタージャケットが当たりの部類だと思うので、まぁ今日はこれで良しとしましょう。

ちなみにコースタージャケットの種類は自分で選ぶことができますが、これも『先着順』なので遅くいくと人気ジャケットが無くなっています。私がコースタージャケットをゲットしたのは14時頃だったのですが、全アルバムの中で数種類しか残っていませんでした。多く残っていたのは『C'mon』『MONSTER』『BIG MACHINE』『ELEVEN』。やっぱりB'z2人の顔写真が載っているジャケットは人気が高いようです。

 

ゆっくり鑑賞したいなら最終枠

ミュージアムをゆっくり鑑賞したいなら、おそらく各日『最終枠』がおすすめだと思います。と言っても土日はそれなりの混雑が続いていると思いますが、平日の最終枠かつ閉館間際はかなり空いているとの模様。

rock3150.com

ミュージアムを少しでも空いた状況で楽しみたいという方は、最終枠の閉館間際を狙っていかれると良いでしょう。

因みに、私はまた改めて最終枠で参加しようと思っているので、その時は再度レポートさせていただきます。

 

オーディオガイドは必須アイテム

ミュージアム内には各所にオーディオガイドが設けられており、B'zのお二人が対談形式で各アイテムの思い出を振り返っています。コアなファンから最近ファンになった方まで、本人らの肉声で語られるヒストリーは必聴!!長年のファンは当時の思い出にどっぷり浸るも善し。最近のファンは新しい知識を増やす勉強にしても善し。ただただ展示品を目で見るよりも、数倍~数十倍楽しめるサービスとなっています。

ちなみにオーディオガイドは『当日/前売(ネット)』と2パターンから購入が可能ですが、当日券の販売機は5000円札以上の高額紙幣が利用でず、また両替機もありません。それを知らずに行った私はチケットが買えなかった…(-_-;)ってことで皆さんはご注意を!!



 

混雑エリアガイド

ここからはミュージアム内の各エリアの混雑具合と見どころをご紹介しましょう。人によっては「稲葉さんしか興味ない」とか「機材の展示は興味ない」というのがあるらしく、場所によっては「あれ?なんでココだけ空いているの?」なんとエリアもあります。ご自身の興味に合わせて巡回すれば、時間的にも効率的に回れるかも知れません。

※以降、順路毎にエリアをご紹介します。

 

ゴールドディスク

エントランスに入り長い通路を抜けると、まず最初に訪れるのが歴代のゴールドディスクを展示したエリア。シングルからアルバムまで、B'zがこれまでに受賞してきたゴールドディスクの実物が展示されています。ファンでもあまりお目にすることができないゴールドディスクと言うことと、最初の展示物ということで超激混みエリアとなっています。

 

ヒストリー

壁に掲載された写真と文字でB'zの歴史を振り返るエリア。部分的にオーディオガイドが設定されていることもあり、列の流れは非常に遅い超激混みエリアです。

 

楽器展示

壁際にはガラスショーケースに展示されたギターが。フロア中央には展示台に乗せられ手を伸ばせは届きそうな位置に、ギターやライブで使用したギターアンプ。どちらにもいくつかのオーディオガイドが設定されていますが、全体の流れの関係なのか、壁際の展示は激混みですが中央の展示はガラガラ。タイミングを見て中央と壁際の展示を行き来する良いでしょう。

 

ビデオエリア

階段状に観覧スペースが設けられた、ミニライブシアターのようなスペース。ミュージアムように編集されたライブ映像などを鑑賞することができます。コアなファンであれば見たことのある映像ばかりなのでスルーしてしまっても良いような気はします。因みに混み具合としては適度に空いているエリアです。

 

衣装展示1

ビデオエリアで立ち止まる人もいたりするので、この辺りから割とスペースに余裕ができてきます。デビュー当時のかなり古い衣装が展示されているため、映像でしか見たことのない超レア衣装を間近で鑑賞することができます。

 

写真展示2

こちらはミュージアム内の写真展示エリア。展示エリアと言うより通路に写真が飾ってあるという感じなので、人の混雑はほぼありません(平日の話ですが)。

因みにもう一つの写真展示はエントランス前にある撮影可能なこれらの写真です。

 

衣装展示2

衣装展示1よりも新しめの衣装が展示されているエリア。リアルタイムでライブを見に行った若い世代も多く、「あの時のライブの~!!」など懐かしみながら楽しんでいる人が多いです。なのでココもかなりの激混みエリア

 

展示

作詞原稿や作曲譜面の原本を展示したエリア。本人直筆の原本はファンにとってたまらない一品ということと、スペース的に狭いという点からこちらは超激混みエリア

※ポイント※

エリア間を逆走することはできませんが、そのエリア内であれば特に順路と言うのは決まっていないようです。エリア内を見渡して空いていそうなポイントから順に攻めていくと、時間的にも効率的に巡回することができると思います。

 

グッズは毎日入荷するわけじゃない?

先程もお話した通り、グッズは先着順の争奪戦となっています。絶対に手に入れたいグッズがある場合は朝一枠で行くのがおすすめです。

しかしグッズは全商品が毎日ラインナップされている訳じゃないんですよ!グッズによっては「この日の入荷はありません」というインフォメーションがあるので、自分が参加する日にお目当てのグッズの入荷があるかどうかも確認しておいてください。

bz-clubgym.com

※注意※

因みに、5/7~5/10の休館日以外は、グッズだけの購入で入館することができません。必ずミュージアム鑑賞とセットの案内に変更されたためご注意を!!

 

100%満喫おすすめプラン

さて、ここまで公式HPには掲載されていない、生の『B'z Exhibition』をレポートをお送りしてきましたがいかがだったでしょうか?個人的に思うことは「このイベント1回じゃ絶対に漫喫できない!!」ってことです。どう考えても最低2~3回は来ないと、100%堪能することが難しいと思うんですよね。でも、遠方から来られる方にとっては、2度も3度も足を運ぶことなってなかなか難しいじゃないですか?

ってことで、私なりに”1日で”このエキシビジョンを漫喫する方法を考えました。それがコチラのプラン!!

【土日の場合】

<事前準備>

・同日の10時枠と19時枠のチケットを購入

・19時枠用にオーディオガイドも同時購入

 (当日券は100円高いのと時間ロスを削減するため)

・購入希望グッズの入荷があるかHPチェック

<当日>

・朝9時に会場へ行き行列チェック

 (既に並んでいるようなら一緒に並ぶ)

・10時枠スタートと同時に入館しミュージアム内はスルー!

・グッズ売り場に直行してグッズをゲット

・19時まで東京観光

・19時ミュージアム鑑賞スタート

・閉館ギリギリまでミュージアムを堪能

 (他の人はグッズへ群がるのでミュージアムはガラガラ…なはず)

いかがでしょうか。コレ完璧なプランだと思いませんか!?多少お金は必要になりますが、たった1日でエキシビジョンを100%満喫できる方法だと思います。しかもコレを平日に行うことができれば入館料もタダ!!最高ですね♪

ってことで、お近くの方も遠方の方も、みなさんこの記念イベントを目いっぱい楽しんで下さいね!!

ではでは٩( ''ω'' )و

-音楽

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.