こだわらないのが唯一のこだわり。

30代のザ・中間管理職が仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

料理・食レポ

【おすすめ】すき家のシーザーレタス牛丼が美味すぎた

更新日:

毎昼食お世話になっている私のライフライン『すき家』。

私の生活にとって無くてはならない存在ですが、さすがに週5で食べていると飽きてくる感は否めません。

すき家さんはトッピングや牛丼以外のメニューも多数あるものの、さすがに1年半も食べ続けていると注文するメニューに偏りが出てくるのも事実。

そんな時に嬉しいのが新メニューの存在です。

大手牛丼チェーンの中でもすき家さんは新メニューの発売が多く、常連の私としても楽しみのひとつになっています。

 

で、今回新しく登場したのが『シザーレタス牛丼』『シーザーレタスカレー』と言う2種類の商品。

※すき家HPより

 

「え!!牛丼にサラダ!?」

「うわ~マズそう…」

そう思うでしょ!?

 

ところがどっこい、コイツが美味いときた!!

例えるなら、南国のあの食べ物に近い…

ってことで、今日は『シザーレタス牛丼』『シーザーレタスカレー』の食レポです。

 

シーザーレタスの中身は?

まず、気になる『シーザーレタス』の中身をご紹介。

  • レタス
  • グリーンリーフ
  • 赤パプリカ
  • ベーコン
  • パルメザンチーズ
  • シーザーソース

レタスを中心に野菜がメインでたっぷり乗っていて、それに酸味のあるシーザーソースとパルメザンチーズがどっさり!!果たして牛丼との相性やいかに!?

 

シーザーレタス牛丼は南国の味

まずは『シーザーレタス牛丼』。

正直、食べてみるまで「絶対にマズイだろうな・・・」と思いながらも、週5ですき家に通っている私からすれば新しい変化と言うのが何よりもの喜び。その喜びと不安が入り混じった気持ちでいざパクリッ!!

 

『うっ、美味い!!』( *´艸`)

 

これは本気で意表を突かれましたね!

すき家の牛丼独特の濃い甘辛つゆが、シーザーソースの酸味とベストマッチ!!さらにパルメザンチーズがその両方を上手く包み込んでくれ、更に味の調和が増している気がします。

レタスのシャキシャキ感と牛肉や玉ねぎのクタクタ感。この二つの食感のギャップもまた善し。

サラダの冷たさと牛丼の温かさという温度のギャップもまた善し。

まるで南国ハワイの料理『ロコモコ』を思わせるような味や食べ応えですね。

 

すき家さんの新メニューって正直なところいつも『企画もの感』満載ですよね。何というかウケ狙いと言うか、話題性重視と言うか…。ところが、この商品は『定番商品』になってもいいくらいの完成度。ってか、定番商品になってほしい!!

 

すき家さん、久々に大当たりですよ!!

 

シーザーレタス牛丼のおすすめトッピング

このシーザーレタス牛丼に是非とも追加して欲しいトッピングが『おんたま(70円)』です。

牛丼に卵は切っても切れない関係ですが、シーザーサラダに温玉という組み合わせもあるあるですよね。

牛丼にもシーザーサラダにも両方マッチする温玉なら、シーザーレタス牛丼に合わなわけがない!!

温玉を乗せることでよりロコモコ感(南国感)がアップしてさらに美味しく食べられますのでオススメです。

 

シーザーレタスカレーはイマイチ

次は『シーザーレタスカレー』

前日に食べたシーザーレタス牛丼があまりに美味しかったのでこちらも期待大!!

 

でしたが…

 

シーザーレタスカレーは正直イマイチです(-_-;)

 

誤解がないように先に言っておくと決してマズくはないですよ!!

ただ『カレーにサラダが乗っているだけ』という感じで、取り立てて一緒に食べるメリットがあまりないような気がします。これだったら普通にカレーとサラダで別々に食べてもいい気がしましたね。

 

まとめ

私はこの1年半ですき家の全メニューを制覇してきましたが、『シーザーレタス牛丼』は中でもかなり上位に入る美味しさだと思います。シーザーソース酸味やパルメザンチーズがシーザーレタス牛丼のポイントなので、酸っぱさやチーズが苦手な人はダメかも?そうじゃない人はぜひ試してみて下さいね!!



-料理・食レポ

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.