こだわらないのが唯一のこだわり。

30代のザ・中間管理職が仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

転職

30代で転職を成功させるライバルとの差別化とは

投稿日:

30代になって転職をしようと考える人は多いようで、転職サイトDODA(デューダ)によると、30代の実に半数以上の人が転職を経験したことがあるという統計が出ています。

2人に1人が「転職経験あり」〜転職活動の実態調査

この数字だけを見ると「30代の2人に1人が転職しているんだから、転職なんて楽勝でしょ!」と思うかも知れませんが、実は30代になってからの転職には厳しい現実が待っているんです。

 

 

30代転職の厳しい現実

20代の転職とは違い、30代の転職でネックになる要素のひとつが『年齢』です。

世の中全体で見れば30代はまだまだ若い世代と言えますが、企業からすれば手放しで「君、若いね!可能性が無限大だ~採用!!」とはなりません。

ある調査によれば、企業が人材に対して『若手』として教育に力を注ぐのは『28歳まで』というのが平均的だそうです。

30歳も過ぎていれば社会人として10年近くの経験を積んできているわけですから、それなりのスキルや実績を見込まれ『即戦力』としての人材を企業側も求めてくるが現実。

やる気だけを漲らして闇雲に転職活動を行うのではなく、30代には30代の戦略的な転職活動が必要になってきます。

 

30代転職者に求められるスキルとは?

では30代の転職者に対して、企業はどんな人材を求めているのでしょうか?

私もいまの会社で少しばかり採用に関わっている関係上、大きく以下の3つではないかと考えています。

 

1.実務経験者

30代は社会人になってから10年近くのビジネスキャリアがあります。

当然ながらその10年で培ってきたスキルや経験があるため、自社でもそれを充分に発揮してほしいと採用側は思っています。

つまり採用側は、あなたに対して「どれほどの実力を持っているか?」「実力をどれほど発揮できるのか?」ということをまず最初に見定めます。

もちろん30代の未経験者を採用している企業はありますが、多くの企業の本音としては「1から教育するなら若い20代がの方が良い」と思っているのも事実。

30代の転職を絶対に成功させるためには、実務経験を持っておいた方が良いことは確かです。

 

2.マネジメント経験者

ビジネスキャリアが10年ともなれば、部下の1人や2人いる経験を持っていてもおかしくありません。

会社も当然ながら組織を構成して活動していますので、優秀な社員にはその他大勢を統率する役目を期待しています。

一生をプレイヤーとして過ごす人も多いとは思いますが、企業は組織を構成している関係上、やはり年齢が上がるにつれスキルや役職も上がっていくことを想定(期待)しています。

マネジメント経験のある/なしでは、企業の受け取り方が大きく変わるのは事実です。

 

3.将来性

あなたが企業の将来性を見極めながら転職活動をしているように、企業もあなたの将来性を見極めて採用の是非を判断します。

例えば、資格を多く持っている人であれば「成長意欲が高い人」という見かたもできますし、転職の理由が明確かつポジティブな物であれば、「採用後もポジティブに仕事を進めてくれる人」ではないかと期待を持ちます。

有力な資格や前職での明確な実績があれば良いですが、これと言って売りがない人は「この会社に入って〇〇がしたい!」という明確なビジョンを示す努力が必要です。

 

スキルや経験を持っているだけではダメ

上記でお話した通り、30代の転職者に対して企業側が『即戦力』を求めているのは事実です。

しかしながら、単に実務経験があるとか、単に資格を持っているというだけではダメなんです!!

それは何故かと言うと、よほど特別な仕事や資格でない限り、あなたが持っている実務経験や資格は他の応募者も同じように持っているからなんです。

例えば「不動産営業」という職種を例に挙げると、不動産営業をしたことのある人は「営業職」という実務経験と「宅建」という資格を持っていることになりますよね(宅建を持っていない営業マンもいますが)。

しかし世の中を見渡せば、営業職経験者も宅建保有者もそれほど特別な存在ではありません。

もし同じ実務経験と資格を持っている20代の転職者が現れたとしたら、企業は間違いなく30代のあなたではなく、20代の若くて伸びしろの大きな人材を採用するでしょう(人柄云々は置いといて)。

 

【必殺】スキルや経験の掛け算で差別化

実務経験や資格を持っているだけではダメというなら、では一体どうしたらいいのでしょうか?

 

答えは『これまでのスキルや経験を掛け算する』と言うことです。

 

例えば、先程の不動産営業の例でいえば、『営業経験』と『宅建資格』というスキルと経験だけなら、同業種を経験してきた20代の応募者も持っているんです。しかし、20代の応募者はあなたに比べて『若い』という強みがあります。

 

20代:『営業経験✕宅建資格✕若い』←企業はコチラを採用する!

30代:『営業経験✕宅建資格』

 

要は、単純に持っているものだけを比べたときに、営業職の実務経験と宅建の資格だけで若い応募者と比較してしまっては、30代のあなたは負けてしまうんです。

ではどうすればいいかと言うと、『営業経験✕宅建資格』というスキルに対して、あなたしか持っていないものをもう1つ2つ掛け算してあげればいいんです。

 

例えば…

『営業経験✕宅建資格✕マネジメント経験』⇒チームリーダーを任せられる

『営業経験✕宅建資格✕英語が話せる』⇒海外の富裕層向けに営業ができる

『営業経験✕宅建資格✕投資経験がある』⇒不動産を投資案件として顧客に提案できる

 

このようにして、若い人より長く人生を経験している分のプラスアルファのスキルや経験を掛け算することで、実務経験や資格の保有だけに留まらないあなただけの武器を作ることができます。

これを持って採用側に上手くアピールすることができれば、採用率はグンッと上がります!

 

まとめ

30代の転職の心得

  • 30代の転職は即戦力を求められる
  • 実務経験や資格を持っているだけでは意味がない
  • 独自の経験や知識を掛け算して独自のビジネスキャリアを見出す

企業の採用側は同じような人間と何人も面接を繰り返します。

同業他社からの転職であれば、同じような実務経験や同じような資格を持っている応募者は多数いて、「経験・資格がある」というのはそれほどベネフィットにはなりません。

そこで”あなたオリジナル”の経験をもう1つ2つ掛け算して、誰とも被らないオリジナルのスキルマップを作成してみて下さい。

 

-転職

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.