こだわらないのが唯一のこだわり。

30代のザ・中間管理職が仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

転職

30代男性の転職者よ!面接でリクルートスーツはダメだぞ!

投稿日:

30代の転職活動で気になる点のひとつに、『面接時の服装』があげられます。

「スーツの色や形はどんなのがいい?」「ワイシャツやネクタイの色は?」

新卒の就職活動と違って30代には30代なりのスーツ選びがあり、選び方を一歩間違えると「この人ダメだな…」なんていう印象を面接官に与えてしまうことにもなりかねません。

ということで、今日は30代男性が転職時の面接で着るスーツ選びについてのお話です。

 

 

リクルートスーツは絶対にダメ

まず最初に言っておきたいのが、「30代の転職活動でリクルートスーツを着てはダメ」ということです。

「リクルートスーツと普通の(ビジネス)スーツって何が違うの?」っていう方のために、簡単にその差を見てみましょう。

リクルートスーツ ビジネススーツ
ブラックが主流 ブラック・グレー・ネイビー・ベージュなど
無地が基本 多彩な柄が入っていることが多い
シャツ 白のみ 白・水色・グレー・ピンク・柄物など

このようにビジネススーツは色や柄が多彩なのに対して、リクルートスーツは面接官に最低でもマイナスイメージを持たれないように、どんな学生が着ても『可もなく不可もなく』当たり障りのないように作られています。

「マイナスイメージが持たれないなら、リクルートスーツでもOKでは?」と思われるかも知れませんがそれは間違い。

日本社会での新卒就職活動は何十年もの歴史があり、その中で『就活生のイメージ』と言うのが世のビジネスマンの間で固定化されています。

テレビで就職活動の映像などが流れた時に、みんな上下黒のスーツで、白いワイシャツと安っぽいネクタイを締めている就活生が映し出されると、『あぁ~明らかに就活生だな~』という感じがしませんか?

あの姿がまさに就活生というイメージで皆さんの頭に擦り込まれているんです。

そんな世の中にあって、30代でビジネスキャリアのあるあなたがリクルートスーツで面接に向かうと、『就活生=未熟な人』という風なイメージを与えてしまいます。

30代の転職活動では、これまで培ってきた十数年のビジネスキャリアを売りにしなくてはならないのに、『未熟さ』が出てしまっては大きな損ですよね。

スーツもひとつとっても自分をアピールするアイテムのひとつと考え、リクルートスーツの着用は避けるようにしましょう。

 

スーツ or セットアップ?

ビジネススーツのとセットアップの違いをご存知でしょうか?

まず『ビジネススーツ』とは皆さんご存知の通り、上下が同じ生地で作られたジャケットとパンツのセットのことで、イメージしては以下のようなスタイルのものを指します。

出典:海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

 

一方で『セットアップ』とは、ジャケットとパンツがセパレートで売られている物を、自分の好みで組み合わせて着回すことを言います。イメージとしてはファッション業界やIT系の人っぽいですよね。

出典:海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

 

このビジネススーツとセットアップは、どちらが良い悪いというのはありません。

しかしセットアップは、ご覧の通りファッションセンスを問われてしまいますので、あまりにも変な色の組み合わせをしているとそれもマイナスイメージに繋がりかねません。

また会社や業界によっては、セットアップを着ている人の割合がかなり少ない場合もあり、面接官によっては違和感を持たれる可能性もゼロではありません。

どちらにしようか迷った場合は、無難にビジネススーツを選択する方が良いでしょう。

 

アイテム選び

それでは、実際のアイテム別にどのような色・柄・形のものを選べばいいかをご紹介しましょう。

スーツ

色:ブラック・ネイビー・グレー(ブラックの場合は無地は避ける)

柄:派手な柄でなければOK

形:シングルがベター(ファッション系ならダブルもあり)

2つボタン、3つボタンはどちらでもOK

シャツ

色:白がベスト

柄:薄いストライプや織り柄などはOK

襟:ボタンダウンは避けたほうがよい

ネクタイ

色:スーツ、シャツの色によるが迷ったら青系(真面目な印象)

柄:派手過ぎなければストライプやドットもOK

幅:細すぎるものは避けたほうがよい

靴・ベルト

色:黒もしくは茶系

※靴とベルトは同じ色に合わせた方が統一感が出て良い

靴下

色:黒、ダークブラウンなど濃い色

※くるぶしの出るアンクルソックスはNG(ファッション系ならあり)

 

ダメな着こなし

上記の基準を守っていただければ、基本的なアイテム選びは問題ありません。

しかし最後に注意が必要なのは『サイズ感』です。

いくら色や柄の選定が良くても、サイズ感があなたの身体に合っていなければ効果は半減です。

例えば、痩せていた頃のスーツをパッツパツの状態で着たり、逆にジャケットの袖やパンツの裾の丈が長すぎてダボダボの状態では、どちらも『だらしなさ』を印象付けてしまいます。

どんなファッションでも言えることですが、一番重要なのは色や柄ではなく『サイジング』です。

あなたの身体にその服が最も似合うサイジングを選ぶことで、見栄えの良さは何倍にも上がります。

もし持っているビジネススーツがいまの体型に合わないようであれば、お店の人にしっかりサイズを測ってもらい、身体にフィットするものを買い直してください。

 

ダメなアイテム

これまでは『おすすめ』のアイテム選びをご紹介してきましたが、今度は逆に『このアイテムだけは絶対にダメ!!』というものをご紹介したいと思います。

そのNGアイテムがコチラ!!

  • デニム
  • 短パン
  • Tシャツ
  • ど派手なデザイン
  • ロゴが過激なもの
  • スニーカー
  • サンダル
  • ブーツ

これらはファッション業界の面接ではありかも知れませんが、迷った場合はとりあえず避けておいた方が無難です。

 

まとめ

30代の転職活動ファッション

  • リクルートスーツは『未熟者』の証
  • 色や柄を駆使したビジネススーツでキャリアに箔を
  • ファッションはサイジングが命

私がスーツの着こなしを参考にしているサイトがコチラです。

海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

海外のファッションスナップなのでやり過ぎ感のある写真もありますが、色や柄の選定や組み合わせ、またジャケットやパンツのサイジングはとても参考になります。

ファッションセンスが良い人は自分自身を客観視できる能力が高い人だと言われています。

面接官によってはスーツの着こなしから応募者の人物像を推察する人もいますので、「たかがファッション」と侮らずビシッと決めて面接へ挑んで下さい。

 

 

-転職

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.