こだわらないのが唯一のこだわり。

37歳のリーマンが仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

転職

よく当たる!おすすめの無料適職診断・職業診断ランキング【実検証】

投稿日:

転職の際に「自分に合った仕事って何だろう?」と考えた経験はないでしょうか?

誰しもが自分を最大限に活かせる仕事を選びたいと思っていますが、そもそも多くの人が自分の強みや適正をちゃんと理解できておらず、持っている力を活かせない仕事に転職しているのも現実です。

そんな状態で転職をしても「実際やってみたら何か違った…」「やりたい仕事ではなかった…」など自分と仕事のアンマッチが起きてしまい、また転職を繰り返すというオチになってしまうことでしょう。

そこでおすすめなのが『適職診断・職業診断』を受けてみることです。

適職診断や職業診断を受けることで、自分でも気付いていない自分自身の性格や強み(弱み)を事前に把握することができ、自分が転職を検討している業界以外に適正を見い出せたり、考えもしていなかった業種に自分のスキルを活かせる仕事を発見することもあります。

そこで今日は、ネット上にある『無料で受けられる適職診断・職業診断』の中から、私(管理人)が実際に診断を受けてオススメできるものをランキングでご紹介したいと思います。(※掲載した診断結果は管理人がマジ診断した結果です。)

 

 

【第8位】3分間適職診断(リクナビNEXT)

 

3分間適職診断(リクナビNEXT)
個人情報の登録 不要
質問数 22問
所要時間 約3分
求人情報の提案 なし
使いやすさ(星5つ評価) ☆☆☆☆
診断の内容(星5つ評価) ☆☆☆

 

診断結果はかなりアバウトではありますが、概ね自分がどのような仕事に対して情熱を持てるのか(逆に飽きるのか)を示してくれます。

『あなたの価値観のバランス』という項目では、自分が仕事に対して何を求めているかという深層心理の部分を明らかにしてくれるため、仕事に求める価値観を再認識するのに役立つのではないでしょうか。

 

『自分を発見!子どものころのあなたは・・・』という項目では、外的な環境に左右される前の生来の性格(子どもの頃の性格)に基づいた適職を導き出してくれます。

大人になると色んな外的要因によって、自分の気持ちや本性を押し殺した選択をしがちですが、大人になった自分の頭で選んだ職業よりも、生来の性格をもとに診断で導かれた適職が意外に合っていることがあるかも知れません。

 

【第7位】エゴグラム適職診断(DODA)

 

エゴグラム適職診断(DODA)
個人情報の登録 不要
質問数 50問
所要時間 約5分
求人情報の提案 あり(DODAの求人情報)
使いやすさ(星5つ評価) ☆☆☆☆☆
診断の内容(星5つ評価) ☆☆☆

エゴグラム

エゴグラム (Egogram) とは、エリック・バーン (Eric Berne) の交流分析における自我状態をもとに、弟子であるジョン・M・デュセイ (John M. Dusay) が考案した性格診断法で、人の心を5つに分類し、その5つの自我状態が放出する心的エネルギーの高さをグラフにしたもののことである[1]。

バーンの交流分析におけるP(親)、A(大人)、C(子ども)の「3つの自我状態」をもとに、弟子であるジョン・M・デュセイがより細かくCP、NP、A、FC、ACに分類し、人の性格を診断する方法としてエゴグラムを考案した。

引用:Wikipedia

 

こちらは『エゴグラム』という性格診断がベースになっており、全6タイプに分けられた性格によって適職を導きだすというものです。

 

例えば、同じAタイプであっても診断の内容から導き出される性格曲線(緑色)は各々異なっており、自分がどの性格において強みを持っているかをひと目で知ることができます。

 

大まかではありますが、性格の特徴を『強み』と『弱み』として示してくれるため、自分が伸ばすべき性格または改善すべき性格をしっかりと把握することができます。また、その特徴を活かした適職も示してくれるため、転職の際に業種選びの参考になるのではないでしょうか。

 

【第6位】適職診断VCAP

 

適職診断VCAP
個人情報の登録 一部あり(名前・連絡先は不要)
質問数 60問
所要時間 約7分
求人情報の提案 なし
使いやすさ(星5つ評価) ☆☆☆
診断の内容(星5つ評価) ☆☆☆

 

こちらも『エゴグラム』をベースとして適職診断です。

 

エゴグラムで導き出された性格診断の結果をもとに、会社でどのようなことに注意するべきか、またどのような行動を取っていけば良いかということを具体的に示してくれるため、明日からの行動指針としても充分に活用できるでしょう。

 

【第5位】性格診断セブン

 

性格診断セブン
個人情報の登録 不要
質問数 36問
所要時間 約5分
求人情報の提案 なし
使いやすさ(星5つ評価) ☆☆☆☆
診断の内容(星5つ評価) ☆☆☆

 

こちらは『Myers–Briggs Type Indicator(通称MBTI)』という性格診断もとにした適職診断です。

MBTI

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、ユングの心理学的類型論(Psychological Types)をもとに、1962年に米国のブリッグス(Briggs,K)とマイヤーズ[1](Myers,I)によって研究開発された、人と人との違いを知ってお互いに尊重しあうことを目的に作られた、類型論に基づいた、自己理解メソッドである。

MBTIは、ユングの類型論の指標(内向:I、外向:E、感覚:S、直観:N、思考:T、感情:F)に、判断的態度:Jと知覚的態度:Pという独自の指標を加えて、4指標16タイプで性格を考える。

引用:Wikipedia

 

MBTIはアメリカが発祥であり、その信頼性の高さから50年以上もの長きに渡って親しまれている性格診断です。診断精度の高さゆえに、示される適職や強みにはかなり共感や納得をさせられます。

 

細かい性格診断の結果から導かられる適職一覧は、自分自身が一度は興味を持ったことのある職業ばかり。『興味がある=適職』ではありませんが、その志向はかなりマッチしてる気がします。

 

【第4位】適職診断NAVI

 

適職診断NAVI
個人情報の登録 不要
質問数 35問
所要時間 約5分
求人情報の提案 なし
使いやすさ(星5つ評価) ☆☆☆☆☆
診断の内容(星5つ評価) ☆☆☆☆

 

とても使いやすくユーザービリティの高い適職診断サイトです。

 

導き出された診断結果はそのものズバリ!!具体的事例に基づいて示された性格の特徴は、かなり耳が痛い一面もあります。

 

『キャリア志向性』では、あなたの強み上位2つをピックアップしてくれます。この強みは自分自身でしっかり把握しておき、場合によっては転職の面接時などでもしっかりアピールできるようにしておくべきポイントでしょう。

 

『思考スタイル』では、考え方の特性(偏り)を知ることができます。人は誰しも考え方に偏りがあるため、自分自身が得意としている分野と苦手な分野を把握するには最適な診断結果です。

 

【第3位】適性診断(マイナビ転職)

 

適性診断(マイナビ転職)
個人情報の登録 必要
質問数(パーソナリテイ) 32問
質問数(バリュー) 26問
所要時間(パーソナリティ) 約5分
所要時間(バリュー) 約10分
求人情報の提案 なし
使いやすさ(星5つ評価) ☆☆☆☆
診断の内容(星5つ評価) ☆☆☆☆☆

 

転職サイトの『マイナビ転職』が運営する適職診断は、行動傾向(性格)を分析する『パーソナリティ診断』と、価値観を分析する『バリュー診断』の2つに分かれています。

 

行動傾向(性格)の診断では、16項目におよぶ資質を『得意~苦手』と明確に分類してくれているため、自分がどの分野で力を発揮できるのか、また逆にどの分野の力が劣っているかを再認識することができます。

 

まとめられた得意分野は、転職の際に業界や業種を選択するときや、面接時のアピールポイントにも活用できそうです。

 

バリュー診断では、自分が仕事に対して求めている価値観を、13の項目と4つの分野に分けて可視化してくれます。

 

自分が理想とする仕事(働き方)をしっかりと把握しておくことで、転職の仕事選び(企業選び)にも間違いが少なくなるのではないでしょうか。

 

【第2位】ジョブリシャス診断(マイナビ転職)

 

ジョブリシャス診断
個人情報の登録 不要
質問数 20問
所要時間 約2分
求人情報の提案 あり(マイナビ転職の求人情報)
使いやすさ(星5つ評価) ☆☆☆☆☆
診断の内容(星5つ評価) ☆☆☆☆

 

こちらも転職サイトのマイナビ転職が運営する適職診断。

性格診断という側面では先ほどの『適性診断(マイナビ転職)』より劣る気がしますが、『あなたの性格が仕事にどう影響するか』という点においてかなり細かく具体的な言及がされているため、転職時の診断テストにはうってつけではないでしょうか。

 

最後に、診断したあなたの性格をもとに導き出された適職が表示され、それらを選択するとマイナビ転職の求人を見られるようになっているのがとても便利です。

 

【第1位】適職診断(キャリアインデックス)

 

適職診断(キャリアインデックス)
個人情報の登録 不要
質問数 39問
所要時間 約7分
求人情報の提案 あり(主要転職サイト等の求人情報)
使いやすさ(星5つ評価) ☆☆☆☆☆
診断の内容(星5つ評価) ☆☆☆☆

 

診断結果は割と抽象論になっているものの、転職者がしっかりと把握しておかなければならないポイントをしっかり押さえてあります。更に、診断結果の内容が1項目に対して2つ(強み/弱み)だけに絞られているためとても分かりやすく、診断結果を見てさらに自己解析するような手間が必要ありません。

またキャリアインデックスは、ハローワークや大手転職サイトやエージェントの求人を一括掲載しているため、診断結果から導きだされた適職をこのサイトから調べることで、複数社の求人情報を一括して閲覧することができとても便利です。

 

まとめ

適職診断はこんな人におすすめ

  • 自分の強み・弱みをしっかりと把握したい人
  • 自分の性格に合った適職を見つけたい人

適職診断は、なにも自分に合った仕事を見つけるためだけのツールではありません。

こうしたツールを使って自分の強みや弱みを把握しておくことで、応募する企業に対しての売り込み方を知ることもできます。

セールスマンが自分の扱っている商品の魅力を熟知していないと商品が売れないように、転職でも自分と言う商品を自分自身がしっかりと把握していなければ採用側にあなたの魅力は届きません。

適職診断を使ってみることで、自分自身でも気が付いていなかった強みや魅力が見つかるかも知れませんよ?

 

-転職

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.