こだわらないのが唯一のこだわり。

37歳のリーマンが仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

転職

転職面接は靴が命?色・形・素材選びや綺麗に見せるポイントとは

投稿日:

転職の面接時に気を付けたいマナーのひとつが服装です。

多くの転職者が『面接にはダーク系のスーツを着る』ということを意識して服装選びを気にしていると思いますが、意外にも見落としがちなのが『靴』です。

「そんな足元なんて誰も見ないよ…」って思ったそこのあなた!!

それは大きな間違いですよ。

 

 

面接官は服装なんて気にしない

『面接の時はダーク系のスーツを着る』というのは、日本では今や暗黙のルールとなっていますよね。

それはなぜかというと、日本の就職活動が大きく影響しています。

日本の就職活動では『黒いリクルートスーツを着る』という風潮が根強いため、『面接=ダーク系スーツ』というイメージが多くの社会人の間で共通認識になってしまっているのです。

ですから面接を受ける側も「面接ではダーク系のスーツを着なきゃいけない」という意識から、ほとんどの面接者がしっかりとスーツを着用して面接に挑んでいます。

そして面接官も「面接者はスーツを着てくるのが当たり前」と思っていますので、あなたがどれだけ凝ったスーツやシャツ・ネクタイを着用して面接に臨んだとしても、あなたの服装をそれほど気にもしていません。

当然ながら、だらしない着こなしや汚れたシャツやジャケットで面接に行けば悪い印象を与えますが、サイズ感が多少違っていたり、ネクタイとシャツの色味が多少アンマッチだとしても、ファッション業界の面接でない限りは面接官はほとんど気にしていないと言っても過言ではありません。

 

面接官は服じゃなく靴をみている

服装をそれほど気にしていない面接官でも、唯一気にしている服装関連のポイントがひとつあります。

それは『靴』です。

靴は目から一番遠い場所にあるファッションアイテムであり、且つサイズ的にもファッション全体に占める割合が小さいため、どうしても注意が行き渡らず疎かになりがち。

また普通のオフィス仕事をしていれば、ジャケットやパンツはそれほど汚れるようなアイテムではありませんが、靴だけは常に地面と触れ合っており汚れや摩耗にさらされています。

ですから、そんな靴を綺麗に履きこなしている人を面接官が見た場合、「この人は細かいところまで意識を向けられる人なんだな」とか「細かい気配りができる人なんだな」という好印象を与えることができます。

逆に言えば、いくらスーツをビシッと来ていたとしても靴が汚れているだけで、「上っ面だけ良いタイプかも…」「仕事が雑なのかも…」という悪い印象を与えかねません。

全ての面接官がそのような視点で靴を見ているわけではありませんが、私の経験上で言えば、ビジネス経験が豊富な人、いわば社長クラスの人ほどそのような細かいところまで面接者を観察している傾向が強いです。

 

例えば、人事部の面接と最終面接の社長面接、2回の面接があったとしましょう。

社長面接に通されるような人材ということは、募集要件をクリアしておりキャリア的にも問題がなく、複数の応募者の中から人事部が振るいにかけて残った期待が持てる人材ということになります。

社長はそうした画一的な判断は人事部に任せて、残ってきた優秀な人材の中から自分の好みを探そうとします。

要は社長面接の合否は、社長の好みに大きく左右されるということです。

そんな中で、足元の細かなところまで気にするような社長が面接官だとすれば、靴が汚いというのは完全にNGですよね。

 

絶対に外せない靴選びのポイント

では、具体的に転職面接で履いていく靴選びについてご説明します。

ファッション業界の面接で『服装自由』もしくは『服装も合否の基準』というのであれば、あなたなりの個性を活かした靴選びをしても良いでしょう。(というか、するべきです。)

しかし普通にビジネススーツを着用して挑む面接であれば、以下のポイントを抑えた靴選びをしておけば”無難”でしょう。

それでは男女別にご紹介していきます。

【男性編】

・色:ブラック、ダークブラウン

・形:紐付き

・素材:本革(表皮)

・その他:靴下は黒でふくらはぎ丈のもの

イメージとしてはこのような靴がベストでしょう。

 

【女性編】

・色:ブラック、ダークグレー、ネイビー

・形:パンプス、ハイヒール(ヒールの高さは5cm程度)

・素材:本革(表皮)

・その他:ストッキングはベージュ、多少の飾りはOK

イメージとしてはこのような靴がベストでしょう。

 

当然、これらの基準でなければならないことはありませんし、面接官によっては靴の色や種類など全く気にしない人もいます。

しかし最低限のマナーとして失礼のない靴選びをするのであれば、上記のような靴を選んでおけば問題はないでしょう。

 

NGな靴のポイントとは

上記で『無難な』面接時の靴の選び方をご説明しましたが、逆に「このような靴は避けたほうが良い」というポイントをご紹介したいと思います。

もし、あなたが面接に履いていこうとしている靴が以下のポイントに該当していれば、面接官に与える印象が悪くなる可能性がありますので事前に必ずチェックしてみて下さい。

 

【NGポイント1:汚れている靴】

いくら上記の靴選びの基準を満たしていたとしても、靴が砂やホコリで汚れているようではアウト。

また、つま先やかかと(ヒール部分)を何処かにぶつけたり引っ掛けたりしたときの、キズや表皮のめくれなども気になるところです。

最低限の汚れは取り除いておき、シューズクリームを塗って隠せるようなキズであれば隠し、隠し切れないキズは靴の修理屋さんで直してもらっておきましょう。

 

【NGポイント2:すり減ったかかと】

男性の場合、靴のかかとがすり減って斜めになっている場合がありますよね。

多少なら問題ありませんが、余りにもすり減りが激しくて靴自体が外側に傾く程になっている場合は、かかと部分を修理をするか新しいものを買いましょう。(靴の修理屋さんでは、かかとだけの交換ができます。)

また女性の場合、ヒールのゴム部分が減ってくると、強烈なヒールのカツカツ音に繋がります。

廊下や面接室でカツカツと異様な金属音を響かせるのは、マナーとしてもちょっといただけません。

靴のヒールは消耗品だと割り切って、交換するか新しいものに買い替えておきましょう。

 

【NGポイント3:カジュアルシューズ】

スーツを着ているのに、靴がスニーカーではダメなことくらいはお分かりかと思います。

しかし『ビジネスシューズ』を勘違いして、カジュアルな靴をスーツに合わせてしまっている人も意外と多いです。

例を挙げるとするならば以下のような靴でしょうか。

このような靴は『ビジネスシューズ』とは言わず面接時の服装には不向きです。

どちらかと言えば『ビジネスカジュアル』のアイテムですので、面接には使用しない方がいいでしょう。

 

古い靴を買い替えるお金も時間もない…

これまでお話したような面接にふさわしい靴を持っていない場合は、新しく購入する必要があります。

しかし新しい靴といっても、それなりにちゃんとしたものを買おうとすると1万円や2万円は普通にしますよね。

「急にそんなお金ない…」

「靴を買いに行く時間がない…」

そんな時は『古い靴でもピカピカに磨いて』面接へ挑むようにしましょう。

靴は服飾品の中で最も過酷な使い方をされるアイテムですから、すぐに汚れてしまったり痛んでしまうものです。

ですから新しいか古いかというのはそれほど問題ではなく、『綺麗か汚いか』というのが相手に与える印象の中で最大のポイントとなります。

ですから多少傷があっても、多少使用感(履きジワ)があっても、綺麗にさえしておけば相手に与える印象はとても良くなります。

そして靴を綺麗に見せる最大の要因が『艶』です。

多くの場合、面接で使用する靴は革靴が多いと思いますので、その革靴を磨いてピカピカに艶を出しておけば、それだけでワンランク上の上質な靴に見えたり、細かいところまで気が回る『デキる人』を演出することも可能です。

靴を磨くグッズはそれほど高価な物ではありませんし、磨く方法もそれほど難しいものではありません。

転職してもビジネスシューズを履き続けるのであれば、靴の寿命を長く保つためのメンテナンス方法として、靴磨きのグッズや知識は持っておいて損はないでしょう。

靴磨きはグッズはセットで買えば3000円程度で購入することができます。それくらいの金額とたったひと手間加えるだけで、靴の寿命や他人に与える印象は断然違ってきますので、費用対効果はバグツンに大きいですよ。

 

まとめ

面接は靴が命!

  • 面接官は服ではなく靴を見ている
  • 靴選びに迷ったら無難にいこう
  • 使い古した靴もピカピカならそれなりにOK

余談ですが、高級なホテルのフロントマンは、お客さんの靴(や時計、鞄)を見て「この人はどれほどお金を持っている人なのか?」を見定めています。

そして、お金を持っていそうな人が来ると、部屋に余裕がある場合は無料で部屋のアップグレードをしてくれます。

何故そのようなことをするかと言えば、通常の部屋に泊まる予定だったのが無料で大きな部屋に変更されれば、誰しも嬉しくなって「またこのホテルを利用しよう。」とか「大きな部屋が快適だったから今度からは大きな部屋に泊まろう。」という気持ちになり、またお金を使ってくれる可能性が高いからです。

靴はファッションアイテムの中で最も過酷な状況にさらされているため、その靴を綺麗に履いていると言うことは、靴を綺麗に維持できるだけの(金銭的・心理的)余裕がある人ということになり、ホテルのフロントマンはそれを見極めているんですね。

ビジネスシーンでも同様で、商談相手の持っているアイテムのブランドやメンテナス具合を見て、相手がどれほどのレベルの人なかを見極めることは多々あります。

そういったメガネで応募者を見てくる面接官も少なくはないので、面接のときだけでも結構ですので少しだけ靴に注意を向けてみてはいかがでしょうか。

 

-転職

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.