こだわらないのが唯一のこだわり。

30代のザ・中間管理職が仕事や転職、音楽やグルメについて一切のこだわりなく書いているようです。

転職

【必勝法】アルバイトから正社員へ転職する際の志望動機の考え方

投稿日:

アルバイト生活を続けてきた人がいざ正社員へ転職しようとしたときに、必ずと言っていいほど面接で聞かれる困った質問があります。

それは「なぜ今までアルバイトなんてやっていたの?」という質問です。

面接官の中には『アルバイト=働く気のない奴』という偏った認識を持っている人もいるため、この質問に対しては必ず相手を納得させる回答を用意しておく必要があります。

と言うことで、今日は「なぜ今までアルバイトなんてやっていたの?」という質問に対して、最適な答えを導き出す考え方をご紹介したいと思います。

 

 

なぜ面接官はそんな質問をするのか?

そもそも、なぜ面接官はあなたがアルバイトをしてきた理由を気にすると思いますか?

面接官が100人いれば100通りの考え方があるかも知れませんが、採用担当の経験がある私個人の意見として言わせていただくと、『あなたの仕事に対する価値観を知りたいから』です。

例えば、「やりたい仕事がなかったのですが、とりあえず生活費を稼ぐためにアルバイトをしてました。」という応募者が来たとき、あなたが面接官ならどう思うでしょうか?

もし私が面接官だったとしたら「本当は仕事する気がないのかなぁ…」とか「ただ生活費のためだけに正社員になりたいのかなぁ…」などとネガティブなイメージで捉えてしまいます。

どうせ人を採用するのならネガティブな人ではなく、もっとモチベーションを高く持って「御社の〇〇業務をやってみたいです!!」というポジティブな人を採用したいですよね。

先程も言ったように、面接官の中には『アルバイト=働く気の無いヤツ』というイメージを持っている人もいます。

ですから、ヤル気のない人間は振るいにかけておきたいという思いから、面接官はそのような質問をするのです。

 

アルバイトをやってきた理由を明確にすることが”重要”

では「面接ではアルバイト経験が全てネガティブなイメージを与えるのか?」と言えば、必ずしもそうではありません。

そのアルバイトに明確な理由があれば、正社員への転職に全く影響しないどころか、逆に良い影響を与えることだってあります。

例えば、アルバイトをしていた理由がこのようなものだったらどうでしょうか?

・叶えたい夢があった

・やりたい事の為にお金を貯めていた

・身に付けたい知識、スキル、資格があった

これらは理由の違いこそあれど、アルバイト生活を送らなければならなかった理由を明確に伝えることができますよね。

もし私が面接官だったとして、このような回答をされたら「叶えたい夢があったなんて、熱い人だな!」とか「目標に向けてお金を貯めたり、資格取得に励んだり、計画的で熱心な人だな!」などと思うでしょう。

これらの理由に共通しているのは『何かの目標に向かって頑張るためにアルバイトをしていた』ということです。

多くの面接官は『アルバイト=悪』と思っているのではなく、『目的のないアルバイトは良くない』と思っているだけです。

ですから、あなたが送ってきたアルバイト生活に何かしらの理由があるのなら、その理由を明確に伝えてあげることでアルバイト経験はポジティブな印象を与えることだってできるのです。

 

正社員になろうと思った理由は”もっと重要”

アルバイトの理由を明確に言えるようになったら、次は『正社員になろうと思った理由』を明確に言えるようにしておきましょう。

この『正社員になろうと思った理由』というのが俗に言う『志望動機』というものですね。

志望動機はどの会社へ面接に行っても必ずと言っていいほど聞かれる質問のひとつなので、しっかりと回答できるように準備しておく必要があります。

基本的には「〇〇という理由から御社で働きたい」とか「△△業務をしたい」という思いを伝えるだけで良いのですが、これをアルバイト経験と絡めて言えるようになると志望動機の信ぴょう性がグッと増します。

例えば、よくあるパターンとしてはこのような感じです。

  1. 〇〇業界でアルバイトをしているときに、△△という仕事があることを知り興味を持った。△△の事を調べるうちに△△の仕事がしたいと思うようになった。
  2. アルバイトでは〇〇業務に従事しており、そこで〇〇業務の面白みを知った。〇〇業務を極めたいと思い、正社員の求人を探していたところ御社の募集を見つけた。
  3. ✕✕の知識やスキルを身に付けるためにアルバイトをしながら勉強していたが、御社なら働きながら✕✕の勉強ができると知り志望した。

志望動機は必ずしもアルバイト経験と絡めなくても良いのですが、アルバイト経験と志望動機がリンクすることによって、アルバイト経験をマイナスイメージどころかプラスイメージに転換することもできます。

また志望動機にオリジナリティが生まれるため、面接官への伝わり方も全然違ってきます。

当然ながら嘘はいけませんが、少しでもアルバイト経験と志望動機がリンクする部分があれば、そこを膨らまして話すのもひとつのポイントでしょう。

 

志望動機はストーリーが重要

先程もお伝えした通り、志望動機にはオリジナリティが重要になってきます。

面接ガイドブックなどの例文を覚えたところで、何十人、何百人と面接を繰り返している面接官には簡単に見破られるのがオチですから、他の応募者と差別化を図ろうとするなら、志望動機は完全オリジナルなものに限ります。

では、どうやってオリジナリティを出すかというと、最も効果的なのは『志望動機をストーリー仕立てにする』ことです。

あなたが経験したことを、あなたの言葉で伝えることによって、オリジナリティが生まれると同時に話に信ぴょう性が増すため、面接官の心に響く志望動機を作り出すことができます。

そして、ストーリーの作り方は以下の3ステップがおすすめです。

【志望動機の3ステップ】

  1. 上げる(ポジティブ話)
  2. 下げる(ネガティブ話)
  3. 上げる(ポジティブ話)

これだけでは全然分からないと思いますので、簡単な例を作ってみましょう。

【ストーリー仕立ての志望動機例】

  1. やりたい事があり、その夢のためにアルバイトをしていた(ポジティブ話)
  2. ある事がきっかけとなり、その夢をいつまでも追い続けていて良いのか迷ってしまい落ち込んだ(ネガティブ話)
  3. このままではいけないと考えた結果、夢を諦め正社員として働くことを決意した。色んな求人を見た中でも、御社の仕事が自分の経験を最大限活かせると考え志望した。(ポジティブ話)

志望動機というと3(上げ)の部分だけを話してしまう人が多いのですが、1(上げ)と2(下げ)を話すことによって話にメリハリがつき、転職ガイドブックの例文にはない話の奥行き(世界観)が生まれます。

その奥行きがあなたのオリジナリティとなり、志望動機の信ぴょう性にも繋がっていきます。

 

私の志望動機の事例

実は、私もこのストーリー仕立ての志望動機を実際に活用した経験があります。

いま勤めている会社に転職する際の面接がまさにその時だったのですが、いまの会社に入る前まで私はミュージシャン(ギタリスト)をしていたため、正社員⇒派遣社員⇒アルバイトと仕事を転々としていました。

そして楽器店でのアルバイトを最後に、ミュージシャンを辞めて正社員で働こうと決意したのですが、まさに今回のテーマである『アルバイトから正社員への転職』という境遇にあったのです。

ということで、最後に私が実際に面接で使用したストーリー仕立ての志望動機をご紹介したいと思います。

  1. ミュージシャンだけで生活していくことを目指していたが、それだけでは生活できなかったため楽器店でアルバイトをしていた
  2. 東日本大震災が起こってバイト先の楽器店に客が来なくなった。緊急時にエンターテインメントの需要は無いと感じた。自分が音楽を創ったり演奏したりする意義を見出せなくなった。
  3. もっと生活に根差した仕事がしたいと思った。過去の職歴を振り返ると、自動車整備・営業・officeソフトの操作経験があり、自動車関連資料を作成する仕事(今の仕事)に活かせると思った。

面接官によってはこの内容が全然響かない人もいるでしょうが、少なからず「闇雲にアルバイト生活を送っていたわけじゃありません」という意思は伝わりますよね。

 

まとめ

アルバイトから正社員へ転職する際の志望動機の考え方

  • 面接官は意志なきアルバイト経験を嫌う
  • アルバイトをやってきた理由を明確にしておく
  • 志望動機はストーリー仕立てに

先程ご紹介した私の志望動機についてですが、後日談として面接を担当してくれた上司に聞いた話では、2人の面接官(今の上司)のうち1人には全然響いておらず、「業界経験者じゃないとダメ」と一蹴されたそうです。

しかしもう1人の上司が、私の話を聞いて強い熱意を感じ取ってくれたため採用してくれたのだとか。

面接官と言えど、結局は人です。

前職がアルバイトだろうが派遣だろうが、その道を選んだ理由が明確にあれば、それをしっかり伝えることで分かってくれる人は必ずいます。

 

\ 人の心に響く文章・ストーリーを作るのにおすすめの本 /

 

-転職

Copyright© こだわらないのが唯一のこだわり。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.